学資保険はどこも同じではない

子供が将来必要とする教育資金は、子供が小さい時から資金を蓄える必要があるとされています。そのようなことから、預金などで資金づくりを行なうといった人が多いとされているのですが、長い期間の貯蓄を必要とする預金では、途中、教育資金以外に使用されることがあります。

最近は、預金でなく、学資保険に加入して教育資金を蓄えるといった人が多いとされ、この保険では、毎月一定金額の保険料を支払うことによって安定した教育資金を貯めることができるようになるとされています。

また、学資保険の特徴は、学資保険に加入していると、万一、契約者である親が死亡したり、高度障害状態となった場合において、保険料を支払う必要がなくなるといった特例があります。そして、この場合は、満期になると保険金も受け取れることから、子供にとっては進学などにおいて安心の保険とされています。

ただし、この保険は、保険会社によって契約内容が異なるため、保険料や保障内容も異なるようになっています。たとえば、ある保険会社では、医療保険を含むものがあるとされ、その保障によって学資金として受け取る金額が少なくなるものや逆に学資金を重視した保険では、支払った保険料よりも多くなるといった保険があります。

このように保険会社によって保険内容が異なる場合が多くあるのです。

こちらの記事も注目! http://www.mali-safaris.com/2014/10/03/text-20141003/

Posted in 保険関係 | Leave a comment